自動で当サイトのトップページへジャンプします。

きたはま診療所 浜北医療生活協同組合
生協きたはま診療所
内科・小児科・アレルギー科・在宅往診
〒434-0034 浜松市浜北区高畑18
TEL 053-584-1550
FAX 053-584-1551
eメール→診療所へメールを送る
トップページ
自己紹介
生協きたはま
診療所
生協デイサービス
にじの家
にじの家の紹介
診療のご案内
診療時間のご案内
健康診断
個人健診・
事業所健診
予防接種
予防接種のご案内
ED外来
ED(勃起障害)
外来のご案内
禁煙支援外来
禁煙外来のご案内
まちづくり
医療生協と
まちづくり

東日本大震災関連

被災地支援情報はこちらです
リンク


本日:
昨日:

お知らせ
(2011.9.12) 
・2011年度 インフルエンザ予防接種がはじまりました。

・2011年度 インフルエンザ予防接種お知らせ「PDF」
(2011.5.12) 
・2011年6月5日 14時30分〜 所長の聞間先生が『原発事故と放射能』について講演をします
【場所】:二俣公民館、【主催】:天竜平和を守る会(9条の会)


・2011年4月24日 浜松医大生の有志が震災支援活動の報告会を行いました
浜北医療生協送迎の会ができました:
 通院するのに交通が不便な方、家族に頼まないと診療所に通院できなくて困っている方は、ご相談ください。詳細は、お問い合わせください。
スケジュール(イベント・班会・学習会など)
・医大生、医系学生の診療所実習、高校生の一日医療体験も行っています(土日除く)。
 希望の方は、ご連絡ください。
新しい年を迎えて 〜浜北医療生活協同組合理事長:渥美邦夫〜
 あけましておめでとうございます。
 浜北医療生協の事業も組合員活動も、職員と組合員の皆様のご尽力によって着実に前進していますが、私たちの周りは厳しい状況におかれています。
 浜松市の非課税人数(年間の収入がその人の控除額より少ない)は平成二十二年度約二十万人で、人口八十万人の浜松市民の四分の一(十八歳以上人口の約三分の一)にもなり、昨年より一万人増えています。国保料を払えない人・病気になっても受診できない人が全国的にも増えています。きたはま診療所の受診者も昨年夏頃から前年割れが続いています。また、新語・流行語の上位にはいった「無縁社会」は私たちの周りにも現れています。
 医療生協の全組合員プラス一回り多くの人たちとの対話をし、協同し安心安全なまちづくりを、今年も進めていきます。
 私たちを含め全国的な運動によって子宮頚がんワクチン(中一から高一まで)と、乳幼児(0才から四才まで)の細菌性髄膜炎(肺炎球菌とヒブ)予防ワクチンの接種が二月から無料になりました(平成二十三年まで)。成人用の肺炎球菌ワクチン接種への公費助成運動も引きつづきすすめます。
 「無料低額診療」の検討も開始しました。みんなで一緒に楽しくがんばりましょう。
所長ごあいさつ
聞間元所長 生協きたはま診療所は1998年に開所した、静岡県下唯一の医療生活協同組合が運営する診療所です。診療内容は内科・小児科系ですが、在宅訪問診療(往診や訪問看護)や介護保険を行っています。2007年2月1日には新たに生協介護センター「にじの家」がオープンしました。
医療生協は、地域のひとびとが、それぞれの健康・医療とくらしにかかわる問題をもちより、組織をつくり、医療機関をもち、運営し、それらを通して、その医療機関に働く役・職員・医師をはじめとした医療専門家との協同によって、問題解決のために運動する、生協法にもとづく住民の自主的組織です。組合員からの出資金をもとに、診療施設をつくり設備の充実を図ることを基本としています。また組合員のボランティアがデイサービスの運営に協力していることも特徴です。
また、地域には組合員の班があり、班会にでかけて血圧測定や超音波による骨密度測定を行っています。もちろん医師や看護師による健康相談も行ってます。
医学生、看護学生のみなさんが見学される予定を前もってお知らせいただければ、班会など医療生協の活動にふれていただくことも可能です。どうぞ気軽にお越しください。
訪問看護
 ・生協訪問看護ステーションあおぞら
在宅介護支援事業
 ・生協ケアプランセンター
   居宅介護支援 介護保険ケアプラン作成のご案内
 ・生協デイサービス「にじの家」
 健康まつり デイ送迎車 外来待合室 医学生実習
Last Update 2011/10/20

静岡民医連のトップ

このサイトはリンクフリーです。Copyright(C)2002-2010 Shizuoka min-iren(お問い合わせはこちら

newpage1.htmlへのリンク